スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁぁあぁあぁ・・・・(汗)

20090818005018
目が覚めてからブログを書いて、書いた後にまたいつの間にかに寝ていました。
なんて贅沢なんだぁ(´∀`)

夜起きてからはコミケ中に頂いていた方々へのお礼のメールやお電話を後れ馳せながら失礼していたら、魔神が来日。

私の中で日本人扱いしていないので“来日”(笑)

気付けば丸1日何も食べていなかったので、近所のデニーズへ向かいました。


魔神はもうすぐ海外に勤務になってしまうからか、最近は色々な2人の想い出話しをしてくれます。

魔神は私と出会った時は、私を『ドンクサイ奴』と思っていたそう。
タイプも真逆だし、絶対に仲良くなれないなって思っていたんだって。

ひでぇ(笑)

仕事は違うセクションだったんだけど、同じチームになった時。
顔合わせで『こんな子を何で入れたのか』って苛々したそう。

聞いていて、何か泣きそうになった(笑)

だけど一緒に仕事をしていく中で、周りの人が私を自然とサポートしたりする理由が分かっていったって。

自分の仕事の面で仕事をこなした上で「作業中にこういうことも思いついたんですけど」って資料にして提示したり、求められていること以上のものを出したり。

こなすだけでも十分に足りた仕事を、勤務数年の子が馴れ合うことをしなかった姿に目から鱗だったって。

未だに「大変かもしれませんが、私たちが少し努力と無理をするだけでこれだけの成果が見込めます」って、会議中に大先輩達に“だから、やりますよね?”ってキラキラした眼差しで伝えた姿が未だに思い出せるんだよって。

だけど、その時はまだ『面倒臭い奴が無理してる』って思っていたんだって。

デニーズから帰りたくなった(笑)

そんな魔神が私を好きになってくれたのは、魔神が仕事が辛くなってセクションを抜け出した時に、私がコーヒーを持って魔神の所に行った時のこと。

期待されるのは嬉しいですし遣り甲斐も生まれますけど・・・時々は、放り出したくなっちゃいますよねって事を言った時なんだって。

出来て当たり前。
出来なかったら裏で馬鹿にされる現場で、仕事はボンボン回ってくるし、忙しいのはお互い様。

なのに、自分の事で手一杯が当たり前な中で、そういう風に自分を認識している人がいる事に何か涙が出ちゃったんだって。

実は私はその時、魔神のマグカップがどれか分からず(セクション違いなもんで/汗)自分の一部欠けた部分があるマグカップでコーヒーを差し出した事に、嫌な顔をされるのではないかと、ヒヤヒヤしていた訳で・・・(汗)

そんな話しを聞いていて、改めて言葉にしないと分からない事があるなぁと、聞きながら実感しました。

企画チームが別々になっても、私は「○○○課長の出張お土産のお裾分けでーす」って違うセクションにズカズカ入って来るわ、他のセクションなのに「時間があるなら一緒に食べて行かない」って言われて魔神以上に女子に馴染んでいるわ。
魔神曰く『こいつ、何なんだ』って。

たまたまその時が魔神が息が詰まっていたり、辛かった時期だったりしたらしくて。
「あんたの間の抜けたテンポに何度か助けられたんだよ」って。

「普通は嫌われる事が、あんたなら受け入れられる。そこがあんたの良いところ。」って。

何か聞いていて、ジーンと来ちゃいました。

私は魔神と一緒に仕事をする事が通達された時期は、セクションの先輩から「やり手だ」とか、「この人と仕事をすると成功するけど、他人にも妥協を許さないからキツいよ」って聞いていて「私が入って平気なんですか!?」って先輩に泣きついてばかりでした。

周りや他のセクションの方が「マスコット」って私を言うのも、私が何処かで抜けていて、ちょっと揶揄されていたのも分かっていたし。
勤務数年でもコピーも時折ズレたりしちゃうから、そう思われてもしょうがないしなぁって自分でも『自分は器用な人間ではないけれど、やるべき仕事はきちんとしている自信があるからいいや』って思っていたの。
自分にその甘えがあったから、本当に不安で。
通達されてからどんどん食欲も無くなっていっちゃってた。

けど、企画がスタートしてからは、私こそ毎日が目から鱗で。
魔神が言った“提示した”ってことも、魔神の仕事への情熱を近くで感じて、『上の人は言いたくても言えない事があるんだ』って知って。
魔神の言えないことは間違っていないって思ったから、『だったら下の人間が言ってみよう。言うのはタダだし(笑)』って行動してみたこと。
私こそ、魔神と一緒に仕事をして、魔神と出会えた事で沢山の事を頂いていたんです。

魔神に「だからね、ありがとう。」って伝えたら

「あんた何恥ずかしい事言ってんの、馬鹿じゃないの」と言われました。

泣きながら歩いてお家に帰りたい気持ちになりました・・・。

私が退社してからも魔神は私と仲良くしてくれて。
時々『馬鹿は元気かなぁ』って思ってくれていたんだって。

馬鹿はいつでも元気だって思って安心していたら、2年位前から前より笑わなくなってきて、1年位前から私らしくなくなってきたから、ずっと心配だったって。

自分で気付いてなかったんだけど、魔神が去年の夏終わりから、「私、ダメだから頑張らないと」っていうのが私の口癖になっていたそう。

今年の4月位が一番酷くて、理由を聞いても言わないし、屁理屈コネだすし、顔のニキビは消えないし見ていてボロボロだったって。

だけどこの数週間、また私らしい姿に戻ってきて、安心して海外に行けるって。
私も頑張るから、三季は三季らしく頑張りなって言ってくれました。
ずっとそれが言いたかったって。
日本にいる間に言えてよかった、言える三季に戻ってきてくれてありがとうって。

もうね、デニーズでワンワン泣いた。

結局、何でそうなったかの理由は言えなかったけど、そんな自分でも受け入れてくれる魔神に心から感謝しました。

「三季、魔神のペットだったら一緒に行けたのに。何で人間なんだろう」って言ったら

「いや、置いてくだろ、日本に。こんなペットは」

って真顔で言われました。

三季は脳みそはこのままで犬になって、チャチャッと荷物に忍び込んでですな、向こうでパーンと「これからも宜しくワン!」って登場したいと思いました。
願わくばその時は小型犬でありたいと、切に!

そう伝えたら、「寝言は寝て言いなさいよ」と言われました。
「今寝てないから!だから心からの気持ちだよー!」って主張したら、

お味噌汁を溢しました・・・(涙)

魔神に、事の経過を書いていいから(「寧ろ書け」と言われました)、この事をブログに書きなさい

写真付きで


と、いうことで、このブログが生まれました。

何かとてもトホホな気分です(涙)


今日はまた素敵な時間が過ごせました。
まだまだ心にモヤモヤしたものは残っているけれど、無理せず自然体でいようと。
これからは背伸びをせずに、毎日を過ごしていきたいなって。

そんなデニーズでの一時を過ごしました。


・・・お味噌汁、飲みたかったな・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良い話ですね。
三季さんにとっては、デビュー前の心強い最初のファンなんですね。
海外に行っても変わらない愛があると思います。
最初のラブデジのテーマに持って来いの話では?


で…ツッコミを…
魔神さん来日?
魔神と呼んでいるから人間扱いしてないですよね?(笑)
日本人とか外人もヘったくれもないような(笑)
襲来か降臨か…そういった類の言葉が魔神と言う名称に相応しいと思います♪
☆ 橘 みなみ ☆

三季みなみ

Author:三季みなみ
三季みなみのブログ。携帯からの更新がメインです☆
2009年8月20日にアメブロへ移転します。
新しいブログのURLは、ブログの記事にて~☆

☆ ブログカテゴリー ☆
☆ リンク ☆
☆ ☆ ☆ ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。